株式会社フォルテレイン

アートデジタルジクレー

デジタルジクレー

書韻会会長 上杉蒼龍 筆 「謝」
書:上杉蒼龍「謝」 背景:堤幹夫 協力:書韻会本部
ジクレー(Giclee)とは
「吹き付けて着色する」という意味のフランス語です。アートの分野では、高密度デジタル出力の総称とされています。
素材について
写真・書・油絵・パステル画・水彩画・日本画・貼り絵・ちぎり絵などは勿論、厚さ2cm位までの手芸品・レリーフなど。からでも作成できます。(金銀の彩色・大きな作品には適しません。)

デジタルジクレ−のメニュ−

  • 原画に画像処理を施し、新たな創作を。
  • 原画と他の画像・書、などとのコラボレ−ションを楽しむ。
  • 原画をビデオカメラで収録し、音楽やご自身の解説と共に、自分だけの美術テレビ番組風映像に。

デジタルジクレーの用途

喫茶店の看板 書とデザイン 上杉蒼龍
喫茶店の看板
書とデザイン:上杉蒼龍 協力:書韻会本部
  • 出展・入選記念の配布用・販売用レプリカに。
  • 個展などの来観者へのお礼状に。
  • お祝い事での贈り物・記念品として。
  • お店の看板。壁面のPOP装飾。
  • 少部数の画集作成。
  • 美術テレビ番組風映像をテレビやパソコン(タブレット・スマートフォン)                      にて鑑賞。世界中へ配信も・・・。

その他、アイデア次第でいろいろご活用いただけます。
詳細や料金は遠慮なくお問い合わせください。

デジタルジクレー制作の主な流れ

デジタルジクレー制作の主な流れ

デジタルジクレーの作品例

デジタルジクレー作品例
猫の貼り絵:久保昌太

開発の経緯

書と写真の合成は、90年代後半に(株)リコ−が開発したデジタルア−トプリントの発想と技法を、当社と親交の深い、「書法研究社書韻会」上杉蒼龍会長が、この技法をいち早く書道の世界へ応用しました。書と写真を合成して「新たな書の美」への試みを始めました。

後にリコ−がこの分野から撤退、当社がそのノウハウ提供をリコ−から受け、上杉会長のご指導と協力により更なる進化を遂げています。白い紙に筆で書いた文字。墨の持つ独特な滲みや掠れの調。線と面の美。それらが生み出す書の情感・・・。その書を、テクノロジ−という道具を利用して写真や絵画などと合成。

デジタルジクレ−は白い紙という一通りだけの舞台と違い、幾通りにも舞台を変化させてその表現や情感を楽しむ事が出来るのです。

書韻会会長 上杉蒼龍 筆 「謝」 バリエーション

書韻会会長 上杉蒼龍 筆 「謝」 アレンジバリエーション
協力:書法研究社書韻会本部
書と画像のコラボレ−ションによるア−トを先駆的に行えたことを
フォルテレインは誇りに思っています。

DIGITAL Giclee PRINT

We works to produce not only for our unique art productions but also, we produce catalogues, panphlets, and web design products.

One of the latest new methods realized to produce art prints from one to multiple pages.

The word Giclee indicates the French word 'spray painting'. In the world of art, this is called high density digital output method.

Use materials such as for oil paint, pastel paint, water color, calligraphy, chigiri paint, and also up to 2cm thick hand crafted items and relief.
In addition, this prints can be made from the photographs as well.

We produce the print depending on the level of proofing, it takes about 5days to 10 days.


The menu of Digital Giclee Print making:

  • Apply image processing to the original image to create new art
  • Enjoy collaboration between the original image and other material such as oil paint, pastel paint, water color and so on.
  • Create your own high vision art image production using your own image developed by video camera, music with your own narrations.

Digital Giclee Print can be printed on the various materials such as paper, cloths, artificial hides, etc. When printed on the cloths, it will not fade or change the color on the materials.
Also, can be printed on the varieties of other goods such as on the shirts, scarves, bags, shoes and others.
Major application for this digital Giclee paintings include:

  1. Replica productions for handouts at the exhibitions.
  2. A memento handouts for Private art gallery show
  3. Gifts or commemorative items to give out at the celebration meeting
  4. Issuing small number of book of paintings
  5. Artistic television images can be viewed by high-vision TV or Personal Computer or Internet environment.

If you have any questions, please feel free to contact us. »

This Japanese characters on the photographs are created and developed in late 90es by Ricoh company as digital art prints. This technology has been picked up by our close collaborator Mr. Soryu Uyesugi of Japanese calligraphy Club called ‘Shoin Kai’. Mr. Uyesugi was well known calligraphy instructor in Japan and France. He is also a pioneer in introducing this new method of digital art print technology at early stage and applied before others. He combined the Japanese calligraphies and pictures to create a new world of beauty in art.

Later, Ricoh company released the technology to us and Mr. Uyesugi and our company became the major collaborator to further advance this digital form of art. Written on the while paper with black ink called ‘sumi’ with unique character of lines and shades to create beauty. That written art will transform to a new art object using the digital giclee art process and enjoy the result of new creations.

We are especially proud to show our unique experience in producing digital art printing in Japanese calligraphies and photographs.
デジタルジクレーの仕様例 (書と写真の合成の場合)
印刷サイズ 四切ワイド・半紙・A3判・F4・6号
使用用紙 画材紙・版画風厚紙・コットン紙・布
基本料金

税別 1万4千円 (四切ワイド・半紙・F4号 各サイズ 画材紙使用)

基本料金に含まれる内容
書及び写真(L判〜A4紙焼き又はメール添付データ)の加工用デ−タ化。
写真加工及び色調等の校正は、原則1回。(縮小印刷にて校正)
印刷サイズと同一用紙 3 枚 絵手紙用紙ハガキ 20 枚
ご依頼時の留意事項
書は、裏打ちした状態ですと綺麗に仕上がります。
印刷サイズ・使用用紙の組合せにより、料金は異なります。
※背景画デザインや、仕様規格外も承ります。ご相談ください。
作成期間 受注から納品までの期間は、校正の具合で異なりますが、約2日から6日間です。
Copyright © 1998 Fortelane