株式会社フォルテレイン

フォルテレイン会社概要

                           
会社名 株式会社フォルテレイン Fortelane inc.
社名の謂れと意味 フォルテは演奏指定の「強く」。
レインはLane「小道・路地」さらにRain「雨」。
「強い雨が小道でもしっかり固める」とでもいいますか、そんな小道には大通りにない、何かがあります。
設立年月 1986年12月(昭和 62年創業) Since 12, 1986
資本金 1,000万円
代表者 堤 幹夫 Mikio Tsutsumi
所在地 〒136-0074 東京都江東区東砂2-15-16-1003
2-15-16-1003 Higashisuna Koutou-ku 〒136-0074 Tokyo JAPAN
(練馬区豊玉北から移転。2012年 Transfer from Nerima-ku )
TEL 03-6666-1429 (1-いい 4-仕事で 29-福が来る)
E-mail info@fortelane.net
事業内容
  • 企業活動に適した映像、企画制作 
  • 食品衛生などの安全安心関連映像、企画制作 
  • 記録・ドキュメンタリ−・教材等(イーラーニング含む)映像 企画制作
  • 自主企画映像制作への支援
  • 少量多品種印刷に適したア−ト画像制作・印刷

  • Produce planning and production materials for appropriately targeted and focused industries.
  • Produce visual documents, records, teaching materials, books etc.
  • Provide overall assistance for individuals and groups to produce their own creations.
  • Produce catalogues, etc. using visual graphic art design
  • Produce varieties of high quality visual art productions in small quantities.

会社の歴史

代表者 堤 幹夫(1950年 東京は台東区 浅草向柳原。現、浅草橋の生まれ)
第24回サファリラリ−録音取材に参加 懐かしい日産バイオレット
第24回
サファリラリ−録音取材に参加
懐かしい日産バイオレット
撮影 堤幹夫
Participated in sound recording in 24th Safari Rally.
DATSUN 710
1970年代初期、かねてから抱いていたビデオア−トの道へ決意、知人の伝で、録音演出家木村勝英氏及び編集の達人熱海鋼一氏に師事。映像の基礎から叩き上げられ、寺山修司の映画「田園に死す」、第24回(1976年)サファリラリ−(劇場公開 「勇気ある男たちの5000キロ」)、スキ−ワ−ルドカップの公式記録映画の録音取材、等々体験。テレビ局以外無かったビデオが世の中に登場してきた70年代末に恩師、萩原一郎氏(故人)の好意で由緒ある銀座・交詢社ビルの一室を間借りして映像制作を個人事業として開業。

大手複写印刷機器メ−カ−の製品紹介兼セ−ルスマン教育ビデオの制作を初受注。世界的大企業が、実績のない若輩の一個人に発注して下さった当時の担当者の勇気と人情には只々感謝。感謝。

1980年、新宿区新小川町(飯田橋)にて映像製作者集団「パッケ−ジプロジェクト」の名称で日テレ系テレビ番組・博報堂系広告企画会社や大日本印刷の映像デザイン部門との制作協働を開始。
その後、ドキュメンタリ−映画「教えられなかった戦争」シリーズ等で有名なカメラマン・監督 高岩仁氏(2008年没)からドキュメンタリ−映像の感性も享受。
1986年
会員制隔月刊ビデオ情報誌 「フォルテレイン創刊号」
会員制隔月刊ビデオ情報誌
「フォルテレイン創刊号」
Produced bi-monthly video
magazine 'Fortelane'
ビデオ機器(VHSとベータ方式)の家庭への普及に伴い、ビデオと小冊子をペアにした、主婦の目線から主婦中心のスタッフで主婦を対象とした会員制隔月刊ビデオ情報誌「フォルテレイン」を企画。12月、株式会社フォルテレインを設立。翌年春に制作を開始。2年間存続。
食品衛生教育ビデオ
食品衛生教育ビデオ・DVD
東京都発行、 Food Hygiene Education Video
その他、自治体啓蒙ビデオ・大手石油元売り・通信産業機械・ファミリ−レストラン・大手居酒屋・食品衛生教育など企業や団体などの映像を多数、制作。
特に食品衛生映像は今日までも継続。弊社の基幹分野となる。
1993年
おりがみからくり箱
おりがみからくり箱
Origami Karakuribako
-Trick Box- Video
後世の人に役立つ映像を作りたいとの思いから、自主企画で「おりがみからくり箱」の制作を開始。 おりがみ会館小林一夫氏や各業種団体関係者の協力を得る。
元文化庁長官を初め、各界著名な方々から推薦を頂き、2巻並びに、スポンサー協力を申し出た国際交流団体の要請で英語版を完成。
1994年
2巻共に折り紙の映像では初の文部省選定(成人向け・教養/情操)を取得。
マスコミで紹介され、幼稚園や児童館は勿論、介護施設・デイケアセンターや教育機関・図書館、更に英語版は海外日系人協会や外務省を通じて世界60カ国の大使館・領事館等へ配布されています。
ボローニヤ国際児童図書展にて大手児童書出版社の協力で参考出品。
1996年
新宿区から練馬区豊玉北へ移転  経営コンサルト会社「ベストウエイコンサルティング」と業務協力。
1997年
エコライフ・フェア’97・自転車環境整備促進協議会のブ−スにて、駅前駐輪場のイメ−ジを折り紙を中心とした、ペーパ−クラフトによるジオラマのデザイン、及び制作。堤自らが考案した自転車・電車・バスの折り紙が大好評。視察した秋篠宮妃殿下が折り紙自転車に感動され、お土産として持ち帰った。と後に主催者から報告を受ける。
2000年
今までのアナログ映像制作システムからデジタル化へ移行。(21世紀に間に合いました。)
2004年
アニメ−タ−、スタジオ・イノと合作アニメ 「ヒ−リングファンタジア」の企画と制作、販売。アニピュ−タというアナログ的CGマシンのやわらかいタッチ とデジタル編集の利点を結びつけたスロ−な感性の映像を作り出す。
ヒ−リングファンタジアキャラクタ− ヒ−リングファンタジアの挿入画像 ヒ−リングファンタジアの挿入画像
ヒ−リングファンタジアキャラクタ− ヒ−リングファンタジアの挿入画像
2004年
映像作りから派生した技術として、著名書家(書韻会会長 上杉蒼龍・2012年他界)の発想によるグラフィックと書の合成という新ジャンルのグラフィックア−ト(デジタルジクレー)の共同制作を開始。
以降、毎年書韻会選抜展で展示
書 上杉蒼龍 パリ国際ポスタ−展 グランプリ受賞作品 書上杉蒼龍
1987年,パリ国際ポスタ−展
グランプリ受賞作品
(このデザインは当社作ではありません)
ルネ・シェフェ−ル博士との共著 「仏文・源氏:梅ヶ枝」 上杉蒼龍先生と
仏文学者ルネ・シェフェ−ル博士との共著
「仏文・源氏:梅ヶ枝」
(この本は当社作ではありません)
2006年
そのグラフィックア−ト数点がイスラエル・パレスチナ和平への祈願として両大使館員、羽田孜元総理来席の元、贈呈されました。
2007年
エジプト考古学者、吉村作治教授の発案と初代学長を務める日本初の完全インタ−ネット授業による4年制大学「サイバ−大学」の講義コンテンツ制作メンバ−にディレクターとして参加。
2008年
都内保健所の企画 WHO関連機関の研究官を講師とし、小中学生向け食品衛生教材及び、低学年向け衛生教育教材の制作。
2009年
日系人でアメリカ連邦政府 元財務省・教育省部長歴任者(在職中、2度の財務大臣賞受章)を退官帰国後に顧問として招聘。( ワシントンDC日本商工会会員)
2010年
サイバー大学との仕事で得たイーラーニングの技法と、弊社顧問が持つ海外での人脈を活かせないか。との発想で NPO法人HPAを設立(フォルテレインとは独立分離)
2013年
福島県いわき市、東日本国際大学(学長 吉村作治)のイーラーニング用講義コンテンツ制作メンバ−にディレクターとして参加。以降、現在も継続。
2014年
書韻会会長上杉蒼龍 遺作エッセイ集「哲人の旅」(発行;文芸社) にデジタルジクレーの新作と過去作品を多数掲載             
東日本国際大学のシンクタンク「地域振興戦略研究所」から、代表の堤が研究員として委嘱される。
2015年
東京都発行、食品衛生教育用映像を制作。元オリンピックメダリスト,(現コメンテイター等役職多数)をキャスターに起用。及び、公衆衛生の大学教授の解説で、衝撃的な実験映像を交えノロウイルス感染予防の盲点を述べる。紹介記事が「食品衛生自治指導員だより」に掲載
タクシー求人サイト「タクQ」掲載用映像 制作協力
2016年
長野県佐久市に在る 「旧中込学校」(国の重要文化財及び史跡)建造秘話ヒストリー映像を友好制作会社と
協働して制作。(自主企画制作)
株式会社フォーバル (東証第1部上場) の経営支援サービスを契約。
これにより当社の縦横の繋がりが活かされる。お客様にも相乗効果をもたらす可能性も。
旧中込学校の映像制作後、制作関係者及び佐久市民から佐久の地域振興のためのNPO法人の設立気運が起こり 「NPO法人佐久生活文化推進機構」 通称: 佐久生活文化クラブ2017年春設立。

OUR COMPANY HISTORY

Prior to late 1970, Established as a visual production company. Produced TV and involved productions with an advertising agency and Dai Nippon Printing Company.

1986
Spread of Beta and VHS video recorders in the families of Japan, the company planned the issue of the small booklet video magazine called ‘Fortelane’. In December, Fortelane incorporated and started the productions in the Spring of the following year and continued for the next two years. At the same time, the company produced varieties of video productions to many newly found clients. They are major oil company, communication equipment maker, family restaurant, major chain pubs and Japan food hygiene association.
1993
Started the production of Video ‘Origami Trick Box ’ by the company. The president of Origami Center . Mr. Kazuo Kobayashi supported fully in this two volume productions. Also, English version has been produced.
1994
Recognized by the Ministry of Science and Education for the two volume and received the selection notice for the Adult, Cultural, Purity and Beauty. This award has been recognized by the media and as a result, 60 countries ordered the English version through the Ministry of Foreign Affairs, including Seattle Japanese Consulate Office.
1996
Office moved to present location. Arranged cooperative agreement with management consulting company, The Best Way Consulting Inc.
1997
Echo Life Fair - 97, Presented paper craft georama using ‘origami’ for the Environmental Bicycle Association group at the show.
2000
Migrated analog image production to digital image production in time for 21st Century.
2004
The jointly worked with studio Ino, video production called 'Healing Fantasia' was produced and sold. This production result was the collaboration of analog like CG machine's use which creates soft touch to the viewers. For some viewers claimed to improve their insomnia. Also, in this year, skills developed while doing image making, a new kind of graphic art was created with well known calligrapher.
2006
The new graphic art produced by the company Sent as a gift of hope and peace to embassies of Israel and Palestine.
2007
Joined the members of Contents Production Staff to produce Internet for Cyber University’s instruction system.
2009
Open the business for international business consulting services.
In support of international business activities at home and overseas, the company is preparing to establish NPO to open special programs to assist human capital development including opening of the Japanese language schools in high schools of Asian countries.
Copyright © 1998 Fortelane